• 2018年1月25日

    人が犬を飼う時には、「犬を飼うと楽しいだろ」と思うことがあるからだと思います。

    「犬を飼って辛い思いをしよう」と思う人はいないはずです。

    愛犬が健康で、飼い主の言うことを良くきき、信頼関係があり、

    皆んなに「可愛いね」あるいは「お利口さんだね」と褒められる犬に育てることが大切なこ

    とと思います。

    私は長年の間、犬猫の臨床医をしてきましたが、よく思うことがあります。

    それは、いろいろな病気の多くが、本来ならなくてもいい病気だと言うことです。

    その多くの原因は不適切な食べ物であったり、行動ニーズが満たされない不適切な飼育環境であったり、

    あるいはしつけの失敗などがあると思います。

    もう10年以上前に出た本ですが、私は何回も読み直している本があります。

    それはジーン・ドナルドソン著の「ザ・カルチャーショック」という本です。サ

    ブタイロルは(動物の学習理論と行動科学に基づいたトレーニングのすすめ)です。

    この本は、楽しい犬を育てるヒントがたくさん書いてあります。お勧めの本です。

     

  • 2017年12月6日

    最近入院治療をしている犬で多いのは、消化器系の病気です。

    食欲が廃絶したり、あるいは吐いたり、下痢をするといったのが主な症状です。

    原因は様々ですが、1番多いのは、おやつなどの与えすぎなど、食べ物によるものです。

    症状の程度はさまざまですが、重症なものでは死の危険もあることがあります。

    先日はミニチュアダックスフントで小腸内に異物がつまり、重症化しましたが、

    手術が間に合い助かり、ほっとした事もありました。

    食べ物には注意しましょう!

  • 2017年11月13日

    今日は手術で大変な日でした。

    ちょっと歳をとった犬の避妊手術と歯石とりをしました。

    あと2つは、猫の咬傷化膿傷で1引きは頭がボコボコになり、

    もう1匹はお腹全体に膿が広がってしまったもので、なんとか

    みんな無事に手術が終わって、ほっとしています。

  • 2017年10月31日

    本日2017/10/31より新しいホームページを公開いたしました。
    今後ともよろしくお願いします。